新規会員登録

会員のお客様

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
休日
臨時休業日
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
なにわ漬け処 大三
 

トップ > 干物 > 笹かれい
配送温度帯で選ぶ > 冷凍 > 笹かれい

笹かれいとはカレイ科のヤナギムシガレイのことで、形が笹の葉に似ていることから、京都など関西では笹かれいと呼ばれています。

関東では柳かれいと呼ばれる。中世より主に福井県の若狭地方で水揚げされて、生干しにされ陸上を京都まで運ばれた。
身に甘みがあるとされ、京都では美味で高級な魚とされ、福井県の若狭地方では若狭カレイと呼ばれています。

かつて「幻の魚」といわれるほど、漁獲量が激減してしまった笹かれい。
今ではその数も徐々に回復してきていますが、高級魚であることにはかわりありません。
皮下の脂には独特の旨みがあり、ふんわり柔らかくきめ細かい身質。生のままではやや水っぽい魚ですが、干物にすることで水分が抜け旨みが凝縮。数あるかれいの中でも「干物に一番適している」といわれています。

かれいは干すときに串に刺して干すのでそのために尾っぽ近くの部分に穴が開いているのが開いた干物との違いがあります。

笹カレイの食べ方
商品について
商品名 笹かれい
内容量 1枚
特定原材料等
賞味期限 配送日を含む30日
保存方法 要冷凍(−18℃以下)
発送温度帯 冷凍

笹かれい

かれいの中の王様、脂乗りもよく白身魚の味わいをお楽しみください
商品コード : B-05
価格 : 360円(税込)
※こちらの商品は冷凍便でお届けします。
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

PAGE TOP